お金を払って、アダルト動画サイトに入会している人は何人くらいいますか?

 

あくまでも推測になりますが、累計で日本人の男性だけで約3,000万~3,200万人はいるかと思います。

 

アダルト動画サイトは、主に国内と国外にわかれます。

 

国内で有名なアダルトサイトFANZA(旧DMM.R18)だけで、累計の会員数が2000万人います。

 

国内のアダルト動画サイトでは、FANZA(旧DMM.R18)がほとんどのシェアを誇っているので、ほぼ網羅しているといっても過言ではないでしょう。

 

 

 

次に国外で計算すると、無修正アダルト動画サイトでもっとも有名なカリビアンコムは、累計で300万人の会員がいると言われています。これを「8:2」の法則で有名な、『パレートの法則』で計算をすると、カリビアンコムが2の内の1になるので、計算をすると約1,000万~1,200万人くらいなのかと思います。

 

 

この国内と国外のアダルト動画サイトの入会数を足すと、合計で約3,000万~3,200万人だと思います。

 

 

これが多いかどうか、わかりませんが、日本の男性の数が大体6,000万人くらいなので、日本人男性の2人の中の1人が、有料のアダルトサイトにお金を払って入会した計算になります。

 

 

お金を払って、アダルト動画サイトに入会している人は約3,000万~3,200万人だけど、これって多いの?

 

レンタルビデオショップで有名なツタヤの『Tカード』の会員が世の中に6,928万人と言われています。仮に半分が男性だった場合、約3,500万人の男性がツタヤでアダルトDVDを借りている計算になります。

 

 

仮にアダルト動画サイトへお金を払って入会した人数を、推測で計算した約3,000万~3,200万人だとした場合、ツタヤの男性会員数と遜色ない数で、同じくらいです。

 

 

そう考える、世の中にアダルト動画サイトの入会数が少数ではなく、多いのがわかります。

 

 

 

『レンタルビデオショップでアダルトDVDを借りた人数と、アダルトサイトの入会者の数が同じなのは世の中の流れが変わった証拠』

 

 

 

そう考えると、レンタルビデオショップでアダルトDVDをお金を払って借りるのでは無く、インターネットでお金を払いアダルト動画サイトに入会する方へ流れ、人数が等しなってきたのが理解出来ます。決してインターネットでアダルトサイトに入会している数が多いのではなく、今までアダルトDVDを借りていた人がただインターネットに移行したと考えると、多い少ないではなく、普通なことだとわかります。

 

 

 

※ここで記載した数字はあくまでも著者の予想であり、実際はもっとお金を払って入会している人は多いと思いますが、参考程度に読んで頂ければと思います※




特集ページ!生ライブチャット系アダルトサイトNO.1『DXLIVE』の無料お試し会員!

ライブチャット無料


完全無料で、最高の生ライブチャットをおかずに!普通の無修正動画に飽きた人は必見です!


※注意※インターネット上に置ける詐欺被害等や迷惑行為の大半がアダルトサイトになります。現在、アダルトサイトや割引クーポンによる被害が多発しております。その様な詐欺被害に合わない為にも、当サイトから安全で正しい情報を手に入れてください。先ずは、アダルトサイトに入会検討中、もしくは割引クーポンを使ってアダルトサイトに入会する方は必ずこちらのメッセージをご覧ください。アダルトサイトクーポン.comはCSR活動に力を入れております。